The MSJ international symposium
Exploitation of DNA barcode in Fungi -introduction to UNITE-
日本菌学会 国際公開シンポジウム
菌類のDNAバーコードの活用 〜UNITE 入門〜

We are pleased to announce the holding of the MSJ International Symposium. This year, to reduce the risk of COVID-19 infection, the symposium will be held as a Zoom webinar and will be streamed live online.

日本菌学会では、定期的に国際情報発信の一環として、基礎から応用まで精力的に活躍されている菌類研究者を国内外からお招きし、国際シンポジウムを開催しています。
今年は、オンライン開催される第65回大会に合わせて、国際・公開シンポジウムをZoomウェビナーを用いたオンライン配信により開催いたします。
本シンポジウムでは、生態学や分類学の分野で用いられ、今や多様性解明の強力なツールとなりつつある、DNAバーコードを扱います。DNAバーコードを使った菌類の種同定システムであるUNITEの創始者であるUrmas Kõljalg博士やR. Henrik Nilsson博士を演者に迎え、DNAバーコードの概念やUNITEシステムの機能、データを使った研究例などを紹介します。
会員・非会員の別を問わず、事前参加登録をしていただくことでどなたでも無料で聴講いただけますので、研究者、アマチュア、多様な立場の皆様方に振るってご参加くださいますよう、お願いいたします。
*なお、すでに本大会に登録された方は、国際シンポジウムに再度お申し込み頂く必要はありません(お送りする本大会の要旨集に、シンポジウムにご参加頂くURLとその要旨集を加えておきます)。国際シンポジウムのみ参加する方には、後日メールでご参加頂くURLと要旨集をお送りする予定です。

Date:August 28 (Sat.) 15:00~17:00(JST)
日時 : 2021年8月28日(土)15:00~17:00

Venue:Online(Zoom webinar)
会場:オンライン(Zoomウェビナー)

Registration fee:free
参加費:無料

Registration: click HERE or e-mailed to msjsympo@fungi.skr.jp (The deadline for online registration is August 16 August 21 (23:59 JST) Extended!)
参加申込み:コチラからご記入ください(締め切りは、8月16日8月21日です 延長しました)
※参加申込期間は終了いたしました

Convener:Yuuri Hirooka・Taiga Kasuya・Shihomi Uzuhashi・Tsuyoshi Hosoya
コンビナー:廣岡裕吏(法政大)・糟谷大河(慶應義塾大)・埋橋志穂美(農研機構)・細矢剛(国立科博)

プログラム(多少変更する場合があります):

Chair: Yuuri Hirooka・Tsuyoshi Hosoya
座長:廣岡裕吏・細矢剛

1)Introduction: exploitation of barcode data in fungi
(はじめに:菌類のDNAバーコーディング)
Tsuyoshi Hosoya, National Museum of Nature and Science, Japan

2)What exactly is UNITE?: its principle and contribution to understand fungal diversity
(UNITEとは?: 菌類の多様性を理解するためのその原理と貢献)
Urmas Kõljalg, University of Tartu, Estonia

3)Using the PlutoF workbench to interact with UNITE
(UNITEにおけるPluto F)
R. Henrik Nilsson, University of Gothenburg, Sweden

4)Use case 1: Taxonomic annotation of public fungal reference sequences
(使用例1:リファレンスシーケンスによる菌類の同定)
Cobus Visagie, FABI, South Africa & Yuuri Hirooka, Hosei University, Japan

5)Use case 2: Species recognition of wild fungi based on barcoding sequences (ITS) downloaded from UNITE system
(使用例2:UNITEシステムを用いたバーコード配列による菌類の認識)
Yukito Tochihara, The University of Tokyo, Japan

6)Discussion
(総合討論)

チラシ(pdf)